ミスややり直しが起こるのは社員のせいだと思って思っていませんか?



昨日まで、KAIZEN合宿で東京に出張しておりました。

KAIZEN合宿とは、KAIZEN仕事術のメソッドを実践する2日間の合宿コンサルのことです。
講義だけでなく、実際の会社の問題を一緒に解決し、
必要なアウトプットをその場で作ってしまう、超実践的なコンサルです。

その合宿で、最後にクライアントさんに合宿の感想を伺ったのですが、
「今、悔しい思い出いっぱいです」とおっしゃっていました。

色々ご感想をいただきますが、「悔しい」というのは初めてで、どういう意味か伺いました。

そのクライアントさんは、設立4年目のLEDレンタル事業の会社の社長をしていらっしゃる方です。

「自分は今まで、社員のミスややり直しが起こったときには、口をすっぱくして、何度も注意を呼び掛けた。
社員のために自分なりにマニュアルを作ったり、1日の行動をスプレッドシートに上げさせて、細かく指導してきたつもりだった。

それでも、同じようなつまらないミスややり直しが起こるのは、社員の意識が低いからだと思っていた。なんでそんなこともできないんだと、もはや全員辞めさせてもっと優秀な人を採用した方がいいんじゃないかと思っていた。

でも、その考えは間違っていて、今回教わった『人を責めるのではなく、仕組みを作ってないことを責めないといけない』ということに衝撃を受けた。かなり、ショックを受けている。

そして、マニュアルの作り方も、今回教わって、自分が作っていたものはただの俺史になってたと知った。読む人目線で、使えるマニュアルにするということが全然出来てないなと気づいた。

色々やってきたつもりだったけど、トヨタのやり方を学んで、さすがだなって悔しくなったし、全然そういう点をやれていなかったと悔しい。またリベンジさせてください(笑)」とのことでした。

 

私はその言葉を聞いて、たくさん気づきや衝撃を与えられたことに嬉しく思うと同時に、この会社はこれからもっともっと良くなるだろうと、感じました。

 

この社長さんの悩みは、やり直しが毎月20件以上発生していること。現場調査に行って、社員が電気の数を数え間違えることによってそのやり直しが発生していました。

そのせいで、出張コストもかかる、取引先の信用を失う、時間も無駄にする、キャッシュが入るのが遅れるなど、あらゆる問題が起こっていました。

その割に毎日遅くまで残業もしている。
何度注意しても直らない。

これが一番の悩みで、今回の合宿で解決したい点だとおっしゃっていました。

 

あなたも同じような悩みをお持ちではないでしょうか?

私のクライアントさんは同じような悩みをお持ちの方が多いです。

 

そして、クライアントさんに個別コンサルをするときに必ず伝えていることがあります。

それは、

「人が悪いのではなく、ミスをなくす仕組みがないことが悪い」

ということです。

 

これは、トヨタでいつも言っていることです。

「人を責めるな、仕組みを責めろ」という言葉で表現されます。

 

私も新入社員時代、散々ミスややり直しをしましたが、
ミスをしたことを怒られるのではなく、
「じゃあ、ミスをしなくなるようにするために仕組みを考えろ!」と言われました。

 

私がミスをするということは、これから別の人が同じミスを犯す可能性が高い。
だから、それを仕組みとして防げば、ミスが起こらないようになる、と。

 

人がミスをするのは当たり前です。
少し体調が悪かったり、
作業の途中で電話が来て、集中が切れたり、
気を付けていても、そもそも気づかなかったり。
ミスが起こる可能性は誰にでもあります。

 

では、ミスをしない人だけを採用しようとしても、
そんな人、なかなかいないですよね?

 

トヨタでは、全世界で31万人の人が働いています。
その31万人、全員がミスをしない完ぺきな人間なんてあり得ません。

でも、アフリカでもブラジルでも中国でもどこの国でも、常に良い品質のクルマを作り続けています。
それは、良い品質を出すのを人に頼るのではなく、仕組みを作って、悪いものを出さないようにしているからなんです。

 

あなたもミスややり直しが多い社員がいたら、
その人を責めるのではなく、その人がなぜミスをしたのか、
原因を突き止め、ミスをしない仕組みを作りましょう。

 

ちなみに、昨日のクライアントさんのケースでは、
一緒に、実際にミスをしがちな社員さんの話をじっくり伺い、
実際に作業を再現してもらい、
そこからミスが起こる原因や起こりやすいポイントをあぶりだし、
それに対して仕組みを作りました。

 

このくらい、じっくりミスが起こる原因を考えないと、根本から解決する仕組みは作れないです。
その社長さんも、こんなにじっくり社員から話を聞いたことはなかったから、こんなやり方をしているんだと驚いたとおっしゃっていました。

 

まずは、じっくり話を聞いてみることから始めてみてください。

そして、ミスややり直しが起こらない仕組みを作りましょう!

業務効率化のメソッドが学べる7日間集中動画講座を無料プレゼント!

社員のミスやムダを減らしたい

プロセスを効率化したい

マニュアルが作れるようになりたい

などなど、経営の悩みを解決できるメソッドが無料で習得できます。


このKAIZEN仕事術の有効性を知っていただきたいので、

今回は無料でプレゼントすることにしました。

ちょっとでも気になるかたはこちらから詳細に飛べます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。