賢い外注の使い方



人手不足の現代において、
人を増やそうというのはなかなか難しいこと。

 

そんな時には、人を雇わなくて済む方法を考えましょう。

 

その際の選択肢の一つ、外注について、
今日はお話します。

 

外注というと、「値段が高そう!」と思いこんでいませんか?

今はあらゆる形の外注が多く、価格や依頼の仕方も様々。
賢く外注を使えば、逆にコスト削減や、時間効率を上げることができます。

 

しかし、どの作業を外注すればいいのか、
外注してちゃんと求めるクオリティのアウトプットを出してくれるのか、
心配になりますよね。

 

そこで、賢い外注の使い方を教えます。

 

まず、第一に、どんな作業があるか、全ての業務のプロセスを把握していますか?
社員の業務、自分の業務、よく見えていない状態のままではないですか?

 

その状態だと、どんな作業があるのか、俯瞰して見ることができません。
俯瞰してみることができないと、
どの作業を外注するべきか、視えてきません。
忙しくなった時に慌てて、人の手を借りたいと思っても、
外注先に依頼して、説明して、契約して、というと、
少なくとも1週間程度の余裕は必要なので、

前もって準備しておき、効率的に外注を使いたいですよね。

 

だから、作業を視えるようにしておくことが重要です。

そのために、プロセスを視える化することが必要です。

 

次に重要なのは、外注先からこちらが思ったようなアウトプットを出してもらえるようにすること。

そのためには、外注先がアウトプットを出すときの判断基準やチェックポイントが必要です。

 

出来上がったものが、どういう状態であれば「これで完了」として良いのか。
作業中に気を付けることはないのか、
それを予め明確にしておきます。

そうすれば、あとから「こうではなかった」「これに気を付けてほしかった」ということが起きずに済みます。

 

多くの場合のやり直しや外注先でこちらの要求を満たせないのは、
こちらの指示の出し方で改善できます。

指示の出し方としては、出来上がりのイメージやチェックポイントを伝えておきましょう。

 

最後に、外注先の選び方です。
最近は、クラウドソーシングというサービスもあります。

 

ご存知ない方のために補足しておきます。
クラウドソーシングはインターネット上のサイトに登録した、
自分のスキルを売りたい人に仕事を外注できるサービスです。

 

例えば、ホームページを作るという仕事を、
ホームページを作れますという人に依頼することができます。

 

最大の特徴は、価格の安さ。
通常なら、ホームページを制作する会社に料金を支払うので、
その分、仲介料や様々な諸経費がかかり、その分高くなります。

しかし、個人との直接取引なので、

そういったムダなコストがかからず、その分安く制作できます。

 

例えば、通常ならホームページ制作が15万円かかるものを5万円から10万円で依頼することができます。

 

そして、そのサイトでは様々なスキルが売られているので、
例えば、英語の翻訳をお願いするとか、
チラシ配りをお願いするとか、
スキルや作業単位で依頼ができます。

 

そういったサービスを賢く活用すれば、
新規従業員を雇用しなくてもこれまで以上に多くの仕事をこなすことができるようになります。

 

なんとなく食わず嫌いだった人も、
これを機に、試してみてはいかがでしょうか?

 

最後に、今日お話した、プロセスの視える化やチェックポイントを明確にするためのメソッドを習得できるセミナーのご案内です。

人手不足の現代において、
人を増やそうというのはなかなか難しいこと。

 

そんな時には、人を雇わなくて済む方法を考えましょう。

 

その際の選択肢の一つ、外注について、
今日はお話します。

 

外注というと、「値段が高そう!」と思いこんでいませんか?

今はあらゆる形の外注が多く、価格や依頼の仕方も様々。
賢く外注を使えば、逆にコスト削減や、時間効率を上げることができます。

 

しかし、どの作業を外注すればいいのか、
外注してちゃんと求めるクオリティのアウトプットを出してくれるのか、
心配になりますよね。

 

そこで、賢い外注の使い方を教えます。

 

まず、第一に、どんな作業があるか、全ての業務のプロセスを把握していますか?
社員の業務、自分の業務、よく見えていない状態のままではないですか?

 

その状態だと、どんな作業があるのか、俯瞰して見ることができません。
俯瞰してみることができないと、
どの作業を外注するべきか、視えてきません。
忙しくなった時に慌てて、人の手を借りたいと思っても、
外注先に依頼して、説明して、契約して、というと、
少なくとも1週間程度の余裕は必要なので、

前もって準備しておき、効率的に外注を使いたいですよね。

 

だから、作業を視えるようにしておくことが重要です。

そのために、プロセスを視える化することが必要です。

 

次に重要なのは、外注先からこちらが思ったようなアウトプットを出してもらえるようにすること。

そのためには、外注先がアウトプットを出すときの判断基準やチェックポイントが必要です。

 

出来上がったものが、どういう状態であれば「これで完了」として良いのか。
作業中に気を付けることはないのか、
それを予め明確にしておきます。

そうすれば、あとから「こうではなかった」「これに気を付けてほしかった」ということが起きずに済みます。

 

多くの場合のやり直しや外注先でこちらの要求を満たせないのは、
こちらの指示の出し方で改善できます。

指示の出し方としては、出来上がりのイメージやチェックポイントを伝えておきましょう。

 

最後に、外注先の選び方です。
最近は、クラウドソーシングというサービスもあります。

 

ご存知ない方のために補足しておきます。
クラウドソーシングはインターネット上のサイトに登録した、
自分のスキルを売りたい人に仕事を外注できるサービスです。

 

例えば、ホームページを作るという仕事を、
ホームページを作れますという人に依頼することができます。

 

最大の特徴は、価格の安さ。
通常なら、ホームページを制作する会社に料金を支払うので、
その分、仲介料や様々な諸経費がかかり、その分高くなります。

しかし、個人との直接取引なので、

そういったムダなコストがかからず、その分安く制作できます。

 

例えば、通常ならホームページ制作が15万円かかるものを5万円から10万円で依頼することができます。

 

そして、そのサイトでは様々なスキルが売られているので、
例えば、英語の翻訳をお願いするとか、
チラシ配りをお願いするとか、
スキルや作業単位で依頼ができます。

 

そういったサービスを賢く活用すれば、
新規従業員を雇用しなくてもこれまで以上に多くの仕事をこなすことができるようになります。

 

なんとなく食わず嫌いだった人も、
これを機に、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

業務効率化のメソッドが学べる7日間集中動画講座を無料プレゼント!

社員のミスやムダを減らしたい

プロセスを効率化したい

マニュアルが作れるようになりたい

などなど、経営の悩みを解決できるメソッドが無料で習得できます。


このKAIZEN仕事術の有効性を知っていただきたいので、

今回は無料でプレゼントすることにしました。

ちょっとでも気になるかたはこちらから詳細に飛べます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。